新潟の男もずく

地区:

概要:

新潟石もずく

スポンサードリンク

藻に付くから藻付(もずく)と言われている新潟モズクは別格です。

|新潟モズクは日本一かも!!

新潟で言うところの男もずくの塩蔵品を糸魚川で買ってきました。

親知らず近辺も佐渡もずくに肩を並べる新潟天然もずくの産地です。

男モズクは石もずく、岩もずくとも言われています。

太めで歯ごたえがあるのが特徴です。

新潟岩もずく

 

これをまずは塩抜きします。

新潟もずく塩抜き

 

次に軽く火を通します。

新潟岩もずく

 

するとこんな感じになります。

新潟もずく

 

勿論、もずく酢にして食しましたが、もずくの御吸い物もいいですよ。

新潟藻ずく酢

 

岩モズクらしくしっかりした歯ごたえですが、かなりとろみがあります。

磯の香りも心地よく味わいも深いものがあります。

もずく好きの私は日本全国のモズクを食しましたが新潟モズクは日本一と思っています。

沖縄モズクは新潟モズクに比べたらB級です。

沖縄は養殖が殆どですが、新潟は天然もずくです。

スポンサードリンク

販売所:

最新記事

  1. 越後の豚まん
    関越道の下りの越後川口SAで販売されている越後の豚マンが ジャンボで非常に美味しい!! …
  2. 柳がれい寿司
    ずっと気になっていた新潟駅の駅弁です。 新潟の特産品で新潟ブランドにも指定…
  3. 最近、駅などの売店で、「佐渡あごだしラーメン」というパッケージを よく見かけます。 いつ…
  4. 柿の種チャーハン
    なんと、新潟県の代表的な米菓で、 全国にその名を轟かせている柿の種が チャーハンになって…
  5. 前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、 今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。 新潟…

ピックアップ記事

  1. 新潟山菜
    新潟駅のローカル線の駅内の特設売店で山菜を買ってきました。 毎日開設されていて特に新潟の特産品…
  2. とう菜
    新潟は雪解けととう菜が一緒にやってきます。 まさに春はとう菜と一緒にやってくるのです。 …
  3. 「からいすけ」とは新潟弁で「辛いからね」「辛いんだ」という意味です。 かぐら南蛮味噌の商品ブラ…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る