新潟は山菜も豊富!!

地区:

概要: 新潟は山菜の宝庫でもあります

新潟山菜

スポンサードリンク

新潟駅のローカル線の駅内の特設売店で山菜を買ってきました。

毎日開設されていて特に新潟の特産品・野菜が買えます。

新潟の地元の野菜をよく販売しているのでチェックするといいですよ。

今回は村上の山菜を販売していました。

山に囲まれた新潟は実は山菜の宝庫です。

子供の頃は5月の連休は家族で山菜とりが恒例でした。

山間部は春は山菜が食卓に勢ぞろいです。

新潟山菜

 コシアブラ

コゴミ

 コゴミ

うこぎ

うこぎ

たらのめ

たらのめ

あまどころ

アマドコロ

ひめたけ

ひめたけ

この日の夜は山菜づくしの夜でした。

やはり山菜の香りは最高です。

軽くゆでたお浸しや軽く焼いたタケノコやタラノメはちょっと炒めて食べました。

出来るだけ熱を通さず生に近いように食べると美味しいです。

スポンサードリンク

[caption id="attachment_2583" align="aligncenter" width="500"]新潟駅特産品売店 新潟駅の地元特産品特設売店[/caption]  

関連記事

最新記事

  1. 最近、駅などの売店で、「佐渡あごだしラーメン」というパッケージを よく見かけます。 いつ…
  2. 柿の種チャーハン
    なんと、新潟県の代表的な米菓で、 全国にその名を轟かせている柿の種が チャーハンになって…
  3. 前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、 今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。 新潟…
  4. 南蛮えび丼
    新潟では、甘エビのことを南蛮えびと呼んでいます。 赤い甘エビの姿が、南蛮(唐辛子)の姿に似てい…
  5. 南蛮えび煎餅
    『南蛮えび』とは、甘エビ(北国赤えび)のことです。新潟では、エビの色や形が、南蛮(赤い唐辛子)に…

ピックアップ記事

  1. 新潟山菜
    新潟駅のローカル線の駅内の特設売店で山菜を買ってきました。 毎日開設されていて特に新潟の特産品…
  2. とう菜
    新潟は雪解けととう菜が一緒にやってきます。 まさに春はとう菜と一緒にやってくるのです。 …
  3. 「からいすけ」とは新潟弁で「辛いからね」「辛いんだ」という意味です。 かぐら南蛮味噌の商品ブラ…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る