ビールのお供、新潟限定サラダホープ

地区:

概要:

サラダホープ

スポンサードリンク

|亀田製菓の新潟限定のあられ

帰りの新幹線でビールのおつまみにサラダホープを買いました。

確か250円くらいの値段でお手軽です。

昔から普通に食べていたのでサラダホープが新潟限定とは知りませんでした。

新潟限定となったのはある意味では市場政策の失敗の産物のようです。

昭和36年亀田製菓が発売したこのサラダホープは当初は大当たりでした。

あまりのヒットで生産体制を整えているうちに全国市場は他社の類似品に押さえられてしまい、

新潟でしか売ってもらえなかったらしいのですが、

それが地域限定の波に乗って今では大ブレークでネットでは大売れのようです。

新潟以外はネット直売だから亀田さん儲かるでしょう!!

サラダホープ

 

さて味ですが子供のころから奇妙な感じでしたが、

何となく癖になる味付けです。

何の味と聞かれた困るのではないでしょうか・・・。

どうやらサラダ油+塩という米菓で発売当初、洋風な米菓ということで

ヒットしたようです。

このサラダ油の不思議な味がビールに合います。

スポンサードリンク

関連記事

最新記事

  1. 最近、駅などの売店で、「佐渡あごだしラーメン」というパッケージを よく見かけます。 いつ…
  2. 柿の種チャーハン
    なんと、新潟県の代表的な米菓で、 全国にその名を轟かせている柿の種が チャーハンになって…
  3. 前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、 今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。 新潟…
  4. 南蛮えび丼
    新潟では、甘エビのことを南蛮えびと呼んでいます。 赤い甘エビの姿が、南蛮(唐辛子)の姿に似てい…
  5. 南蛮えび煎餅
    『南蛮えび』とは、甘エビ(北国赤えび)のことです。新潟では、エビの色や形が、南蛮(赤い唐辛子)に…

ピックアップ記事

  1. 新潟山菜
    新潟駅のローカル線の駅内の特設売店で山菜を買ってきました。 毎日開設されていて特に新潟の特産品…
  2. とう菜
    新潟は雪解けととう菜が一緒にやってきます。 まさに春はとう菜と一緒にやってくるのです。 …
  3. 「からいすけ」とは新潟弁で「辛いからね」「辛いんだ」という意味です。 かぐら南蛮味噌の商品ブラ…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る