笹団子風味のラングドシャ“笹紗(さしゃ)”

地区:

概要: 笹団子風味のグランドシャ

スポンサードリンク

新潟と言えば笹団子ですが、お土産にするには少し重いし、日持ちが余りないのでちょっと考えることが良くあります。

そんなときにお勧めなのが「笹団子風味ラングドシャ“笹紗(さしゃ)” 」です。

軽くて安くて日持ちがします。

味は北海道のラングドシャの代表の「白い恋人」と同じように実に美味しく焼きあがっています。

ラングドシャは各地で見かけますが、まずいということがない意味では便利な土産です。

*ラングドシャはフランスの焼き菓子で、クッキーやビスケットのことです。

製造は良くわかりません。
販売元が株式会社こめ米雪国KSKになっているのでどこかに委託製造してるのでしょう。
土産物のラングドシャは殆どがこの委託製造品です。
北海道の白恋は自社製造です。この目で確かめました。

原料は白恋と同じくカカオバターと小麦粉です。
笹団子風味の名前のようにヨモギが入っています。
とは言え味は濃厚で評判はかなり良かったです。
土産に迷った時や会社へのお土産はラングドシャがお勧めです。

 

スポンサードリンク

IMG_20160922_132248

IMG_20160922_132016

IMG_20160922_132042

IMG_20160922_131919

IMG_20160922_132134

一押しショップ:各お土産売店に有り

関連記事

最新記事

  1. 最近、駅などの売店で、「佐渡あごだしラーメン」というパッケージを よく見かけます。 いつ…
  2. 柿の種チャーハン
    なんと、新潟県の代表的な米菓で、 全国にその名を轟かせている柿の種が チャーハンになって…
  3. 前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、 今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。 新潟…
  4. 南蛮えび丼
    新潟では、甘エビのことを南蛮えびと呼んでいます。 赤い甘エビの姿が、南蛮(唐辛子)の姿に似てい…
  5. 南蛮えび煎餅
    『南蛮えび』とは、甘エビ(北国赤えび)のことです。新潟では、エビの色や形が、南蛮(赤い唐辛子)に…

ピックアップ記事

  1. 「からいすけ」とは新潟弁で「辛いからね」「辛いんだ」という意味です。 かぐら南蛮味噌の商品ブラ…
  2. 新潟山菜
    新潟駅のローカル線の駅内の特設売店で山菜を買ってきました。 毎日開設されていて特に新潟の特産品…
  3. とう菜
    新潟は雪解けととう菜が一緒にやってきます。 まさに春はとう菜と一緒にやってくるのです。 …

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る