過去の記事一覧

  • せいかい(うすめばる)

    せいかい(うすめばる)

    |セイカイはウスメバル(薄眼張) セイカイはカサゴ目フサカサゴ科メバル属の魚で30cm位になり、新潟では良く見かける魚です。セイカイという余り耳慣れない名前ですが新潟ではウスメバルをセイカイと呼んでいます。ウスメバルは…
  • 新潟 メギス

    ニギス(メギス)

    |新鮮な刺身が美味いメギス ニギスは似鱚と書き、キスににていますがキス(シロギス)ではありません。またギス(義須)という魚とも違う魚です。ニギス目ニギス科の魚です。 日本海側で主に取れますが、福島以南の太平洋側でも漁…
  • 十日町火焔タンタンメン

    |新規参入!十日町火焔たんたん麺(かえんタンタンメン) 十日町は雪国新潟の中でも特に雪深い地域です。 冬の間は観光客はどころか地元の人でさえ外出は困難です。 そんな十日町を活性化したい思いで十日町生まれの手打ちラー…
  • イカの一夜干し

    一夜干しするめ

    一夜干スルメ(イカの一夜干し) 日本海は夏には真イカ(スルメイカ)の魚場となり、 新鮮なイカが沢山漁獲されます。 佐渡や上越では新鮮なイカを一塩で一夜干しが特産品で有名です。 イカは一晩干すことで旨みが凝縮されて…
  • 新発田アスパラグリーンカレー

    アスパラみどりカレー

    |アスパラみどりカレー 新発田市の特産のアスパラガスを使った新B級グルメです。 新発田は県内でNO.1のアスパラ産地です。 そのアスパラガス販促の一環で街おこしを含めて平成22年に開発されたのが アス…
  • しその実漬け

    しその実漬け

    |紫蘇の実漬け 新潟のさりげないご飯のお伴です。 美味しい新潟のご飯だからのおかずでしょう。 おにぎりに入れたりお茶づけにしたり伝統的な保存食です。 夏から秋にかけ、一番上の花がついている頃に実をつか…
  • サケビタシ

    酒びたし

    |村上の酒びたし 村上の塩引き鮭は寒風干しを2週間から1カ月行いますが、さらに乾燥させる(半年から1年)と梅雨が訪れるころになると酒びたしという珍味になります。長期の乾燥で更に発酵熟成が進み、うま味が凝縮されます。身が…
  • 新潟からし巻き

    からし巻き

    |辛子巻き 西蒲原の巻地区(現新潟市西蒲区)で田植えのころのおかずとしてよく作られていた家庭料理の一つです。ダジャレではないのですが巻の辛子巻で有名です。干した大根のスライスでからしを巻き上げ、甘辛い漬け汁で味付けした…
  • 加茂唐醤油(かもとうしょうゆ)

    加茂唐醤油は、ダシ醤油に青唐辛子をつけ込んだ唐辛子醤油です。加茂市の新潟紙器工業が2008年に開発した新しい特産品です。 加茂市と伊豆大島は50年以上の友好都市で伊豆大島のお客様が醤油青唐辛子を入れて薬味にして食べ…
  • 八色天恵こ

    八色天恵菇(やいろてんけいこ)

    八色天恵菇(やいろてんけいこ):天恵菇(てんけいこ)とは直径15cmにもなる巨大しいたけの品種です。 品種名「なばし天415号」という巨大しいたけ品種からシイタケ職人たちの手によって8年の歳月をかけて品種改良されま…

最新記事

  1. 越後の豚まん
    関越道の下りの越後川口SAで販売されている越後の豚マンが ジャンボで非常に美味しい!! …
  2. 柳がれい寿司
    ずっと気になっていた新潟駅の駅弁です。 新潟の特産品で新潟ブランドにも指定…
  3. 最近、駅などの売店で、「佐渡あごだしラーメン」というパッケージを よく見かけます。 いつ…
  4. 柿の種チャーハン
    なんと、新潟県の代表的な米菓で、 全国にその名を轟かせている柿の種が チャーハンになって…
  5. 前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、 今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。 新潟…

ピックアップ記事

  1. 新潟笹団子
    こどものころのおやつといえばおにぎりか笹団子でした。…
  2. 村上の塩引鮭風景
    城下町の村上の特産品です。 …
  3. ルレクチェ

    2014/12/26

    ル・レクチェ
    多分、世界で一番おいしい洋ナシです。 他県には教えたくないフルーツです。…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る