過去の記事一覧

  • 柏崎の宝交早生 (ほうこうわせ)

    宝交早生 (ほうこうわせ)は地元で楽しまれている朝どり路地イチゴで柏崎野菜に指定されています。主に下大新田地区を中心に栽培されています。 1962年に宝塚で交配して生まれたためにこの名前がつきました。一時はこの品種がイ…
  • 藤五郎梅(とうごろううめ)

    藤五郎梅は新潟市亀田地区で栽培されている新潟特産梅です。 江戸時代の終わり頃、旧亀田町荻曽根の青果問屋、宇野藤五郎が観賞用に植えていた梅 の実を市に出したところ、「果汁が多く、肉厚で大玉だ」と好評を博し、藤五郎梅と命名…
  • 弥彦娘

    弥彦娘

    弥彦むすめ(やひこ娘)は弥彦村で栽培されている極早生品種のブランド枝豆です。 まだ真冬の2月上旬にハウスで種まきして5月上旬から6月上旬にかけて出荷されるます。 弥彦娘は枝豆好きの新潟県人が長い冬を越して待ちに待って…
  • 刈羽節成きゅうり(かりわふしなりきゅうり)

    刈羽節成きゅうりは柏崎市西中通橋場地 区で栽培されていた伝統野菜で、柏崎野菜に認定されています。明治から戦前にかけて種をアメリカや中国にも輸出されていました。昭和40(1965)年代までは柏崎できゅうりというと「刈羽節成…
  • オニゴショウ

    上越ではかぐらなんばんをオニゴショウと呼んでいます。ピーマン型の辛とうがらしで、上越野菜に指定されています。 そのほか「ボタゴショウ」「ブタコショウ」「デブゴショウ」「シシゴショウ」「俵ナンバン」とも言われていてます。…
  • かんろ(甘露)・まくわうり

    甘露(かんろ)はまくわ瓜のことです。メロンが普及する前は各地はまくわうりを栽培いするのが普通でした。こどものころはメロンなどは夢の夢でなかなかお目にかかれませんでした。まくわうりが安くて美味しい夏の果物でしたが、最近は栽…
  • そうめん南瓜

    糸瓜(いとうり)・糸かぼちゃ

    糸うり(糸かぼちゃ)は「そうめんかぼちゃ」、「金糸瓜」「なますかぼちゃ」「なます瓜」とも言われる瓜の仲間ではなく、かぼちゃの仲間で長岡野菜にも指定されています。19世紀に中国から伝来してきた「撹糸(かくし)うり」がルーツ…
  • 梨なす

    梨なす(黒十全茄子)

    梨なすは長岡野菜に指定されている黒十全なすです。 梨茄子は元々は白根経由で長岡中島地区に導入された白十全茄子につけられた名前です。長岡ではその味がまるで梨のように瑞々しかったことと形が洋ナシのようだったことからこの名前…
  • 白十全茄子

    十全茄子(じゅうぜんなす)

    十全ナスは泉州水なす系の一つを昭和の初めに中蒲原の十全村(現五泉市)で栽培したのが始まりです。白十全茄子(本十全茄子)と呼ばれる茄子です。十全茄子はその他、長岡大島地区に導入された泉州水茄子系の一つの梨茄子(黒十全なす)…
  • くじら汁

    クジラ汁(新潟)

    クジラ汁(鯨汁) くじら汁は鯨の皮付きの脂身(本皮)の塩漬けの塩鯨と 野菜を一緒に味噌汁にした新潟の郷土料理です。 本皮は、クジラの背の黒い部分でその下は脂肪層になっています。 本皮の脂肪は青魚と同じ、健康に…

最新記事

  1. 越後の豚まん
    関越道の下りの越後川口SAで販売されている越後の豚マンが ジャンボで非常に美味しい!! …
  2. 柳がれい寿司
    ずっと気になっていた新潟駅の駅弁です。 新潟の特産品で新潟ブランドにも指定…
  3. 最近、駅などの売店で、「佐渡あごだしラーメン」というパッケージを よく見かけます。 いつ…
  4. 柿の種チャーハン
    なんと、新潟県の代表的な米菓で、 全国にその名を轟かせている柿の種が チャーハンになって…
  5. 前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、 今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。 新潟…

ピックアップ記事

  1. 新潟笹団子
    こどものころのおやつといえばおにぎりか笹団子でした。…
  2. 村上の塩引鮭風景
    城下町の村上の特産品です。 …
  3. ルレクチェ

    2014/12/26

    ル・レクチェ
    多分、世界で一番おいしい洋ナシです。 他県には教えたくないフルーツです。…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る