過去の記事一覧

  • のどぐろ

    のどぐろ

    |新潟を象徴するノドグロ のど黒は正式名称はアカムツといいます。 全長約40cmくらいになり体型はお腹の出た楕円形です。 背側の体色は赤紅色、腹側は銀白色ですが、喉の奥が赤いので ノドグロと呼ばれてい…
  • 帛乙女(きぬおとめ)

    帛乙女(きぬおとめ)

    |五泉市のブランドさといも:帛乙女(きぬおとめ) 阿賀野川の流域の豊かな水と肥沃な土地で栽培される五泉市の里芋です。 五泉3美人のグランド野菜にも指定されています。 品種は大和早生(やまとわせ)という丸芋系…
  • 柏崎の土垂いも(かしわざきどだれ)

    |土垂れ芋(どだれいも) 柏崎市南鯖石地域で古くから栽培されてる在来種のサトイモで柏崎野菜に指定されています。 一般的に売られているサトイモよりは長細いのが特徴です。その食感は粘りが強く味が濃く口当たりは柔らかです。…
  • 仙人菊(せんにんぎく)

    |仙人菊(せんにんぎく) 柏崎市南鯖石の西之入地区で昔から栽培されている白い花弁の食用菊で柏崎野菜に指定されています。 新潟では食用菊はかきのもとが主流ですが花弁は赤紫色です。新潟県では白い花弁の食用の菊は珍しく…
  • 新道いも (しんどういも)

    |新道いも (しんどういも) 柏崎市の新道地区黒滝地区で昔から栽培されている里いもです。柏崎野菜に指定されいます。 品種的には「唐芋(とうのいも)」といわれていまうが、唐芋(カライモ)と読むとサツマイモノことを一般的…
  • 新道柿 (しんどうがき)

    新道柿 (しんどうがき)は柏崎市の新道地区で栽培されるおけさ柿で柏崎野菜に指定されています。 昭和26年に柿の木が植樹され昭和33年に新道柿栽培組合が設立されています。刀根早生、平核無(どちらも種なし)の品種がやく…
  • かきのもと

    かきのもと・おもいのほか

    かきのもと・おもいのほかは新潟の赤紫色の食用キクのことです。 かきのもとは新潟市中心の下越地区の呼び名でが、一般的には延命楽を指します。名前の由来は「生け垣の根本に植えたから」、「柿の木の根本に植えたから」「柿の実が色…
  • 頸城オクラ(くびきおくら)

    頚城オクラは上越市 頸城区 (く び き)の地域野菜で、上越野菜に認定されています。 オクラは明治初期に日本に導入されたアフリカ原産の野菜ですが、1969年に頚城区の吉田祐治氏が輸入種から選抜して新品種を作りました。「…
  • 村上赤かぶ漬け

    赤かぶ漬け

    赤かぶ(紅かぶともいう)は県境の村上市 山北(さんぽく)地区の伝統野菜で、山北の赤かぶで昔から有名でした。焼畑という原始的な珍しい農法で栽培されます。 赤かぶは山形温海の赤かぶ、岐阜高山の赤かぶが有名ですが、新潟の北の…
  • 肴豆

    肴豆(さかなまめ)

    肴豆(さかなまめ)は長岡野菜に指定されている昔から長岡の信濃川左岸、王寺川地区で栽培されている枝豆です。昭和45年に水田転作用に長岡市市関 原地区から導入されたと言われていますが、一説には男鹿半島伝わったという説もありま…

最新記事

  1. 越後の豚まん
    関越道の下りの越後川口SAで販売されている越後の豚マンが ジャンボで非常に美味しい!! …
  2. 柳がれい寿司
    ずっと気になっていた新潟駅の駅弁です。 新潟の特産品で新潟ブランドにも指定…
  3. 最近、駅などの売店で、「佐渡あごだしラーメン」というパッケージを よく見かけます。 いつ…
  4. 柿の種チャーハン
    なんと、新潟県の代表的な米菓で、 全国にその名を轟かせている柿の種が チャーハンになって…
  5. 前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、 今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。 新潟…

ピックアップ記事

  1. 新潟笹団子
    こどものころのおやつといえばおにぎりか笹団子でした。…
  2. 村上の塩引鮭風景
    城下町の村上の特産品です。 …
  3. ルレクチェ

    2014/12/26

    ル・レクチェ
    多分、世界で一番おいしい洋ナシです。 他県には教えたくないフルーツです。…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る