白なす(笹神茄子)


ジャンル:
地域:


概要: 白なすとよばれる薄緑の阿賀野市のなす,sa

白なす阿賀野市

スポンサードリンク

阿賀野市(旧笹神村)で古くから作られていたしろ茄子は真っ白ではなく薄緑色で米なすに似た形をしています。笹神ナスとも呼ばれます。
真っ白な越後白なすとは違います。
このシロナスは果肉がよく締まり、煮くずれしにくいナスです。白茄子といわれるのは、幼果はかなり白っぽいために言われました。大きくなるとへた側から薄い縦縞が入る特徴がありますが、でもこの縞がないものは「青ナス」と呼ばれています。

味噌漬けなどでもおいしいのですが、煮茄子にしたときに汁が煮汁が汚れないので好まれています。

青茄子で有名なのは埼玉青茄子がありますが、埼玉青茄子はかなりの巾着系で形状はこのしろなすとはかなり違います。
柏崎にも緑色の「柏崎緑なす」があります。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る