紫水なす(しすいなす)


ジャンル:
地域:
季節:

概要: 十全茄子から生まれたF1種の非常に美味な茄子

紫水なす

スポンサードリンク

タキイ種苗によって十全茄子と水茄子を交配して育成されたとされるのが紫水なすです。
F1種ですが巾着系で肉質がみずみすしくきめ細かで皮は薄く柔です。十全と同じく浅漬けに最高の茄子です。評判は非常に良いようですが、下越ではあまりみかけません。見た目はまるで写真のように十全茄子であまり区別がつきませんが、ヘタや葉に棘がないのが特徴で農家や主婦にとってありがたい茄子の品種です。
新潟では糸魚川地区や上越地区でよく栽培されています。100g程度の小さ目で収穫します。大きくなると食味が落ちます。
水分が多いので獲れたての新鮮なものは薄く切って少し塩をつけたりオリーブオイルで刺身でいただいても非常に美味です。
妙高山麓直売センター「とまと」などで買うことが出来ます。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る