過去の記事一覧

  • つららなす

    つららなすは柏崎市北条地区で栽培されている緑の長ナスでブランド野菜です。柏崎野菜にも指定されています。「北条つららなすの会」でつららなすで商標登録を行い普及に努めています。 品種的にはタイ原産の「万寿満(ますみ)」とい…
  • かきのもと

    かきのもと・おもいのほか

    かきのもと・おもいのほかは新潟の赤紫色の食用菊のことです。 かきのもとは新潟市中心の下越地区の呼び名でが、一般的には延命楽を指します。名前の由来は「生け垣の根本に植えたから」、「柿の木の根本に植えたから」「柿の実が色づ…
  • 藤五郎梅(とうごろううめ)

    藤五郎梅は新潟市亀田地区で栽培されている新潟特産梅です。 江戸時代の終わり頃、旧亀田町荻曽根の青果問屋、宇野藤五郎が観賞用に植えていた梅 の実を市に出したところ、「果汁が多く、肉厚で大玉だ」と好評を博し、藤五郎梅と命名…
  • 肴豆

    肴豆(さかなまめ)

    肴豆(さかなまめ)は長岡野菜に指定されている昔から長岡の信濃川左岸、王寺川地区で栽培されている枝豆です。昭和45年に水田転作用に長岡市市関 原地区から導入されたと言われていますが、一説には男鹿半島伝わったという説もありま…
  • 種苧原かんらん(たねすはらかんらん)

    種苧原かんらんは旧山古志村(現長岡市)の中心地種苧原の幻のキャベツです。 種苧原は難しい漢字ですが、タネスハラと読みます。かんらんは「甘藍」と書いてキャベツのことをいいます。 山古志は震災にあって種苧原かんらん(タネ…
  • 白雪こかぶ

    白雪こかぶは長岡野菜に認定されている地域野菜です。 「白鷹(はくたか)」という品種の冬のかぶで、ビニールハウスで栽培されます。白雪こかぶは直径7cm~9cm程で一般的なかぶよりは一回り小さい感じです。また白鷹はどこでも…
  • 曽根 ニンジン(そねにんじん)

    曽根人参は中越の田上町曽根地区の伝統野菜です。しばらく生産が途絶えていましたが、2012年より地方の活性化の一環で田上商工会で復活に取り組んでいます。 姿は長根種で形はゴボウ、色はニンジンといった感じです。長さは1メー…
  • 城之古菜(たてのこしな)

    城之古菜(たてのこしな)は信濃川沿いの十日町市 城之古地区(たてのこし)の地域野菜です。 大正の初めに大崎菜を導入して栽培を始めたと言います。この地区は冬は日本屈指の豪雪地帯で春一番に収穫される貴重な野菜でした。 …
  • 刈羽節成きゅうり(かりわふしなりきゅうり)

    刈羽節成きゅうりは柏崎市西中通橋場地 区で栽培されていた伝統野菜で、柏崎野菜に認定されています。明治から戦前にかけて種をアメリカや中国にも輸出されていました。昭和40(1965)年代までは柏崎できゅうりというと「刈羽節成…
  • 八色シイタケ

    八色しいたけ(やいろしいたけ)

    八色しいたけは南魚沼市旧大和町(八色地区) で栽培されているブランド野菜です。 特徴は肉厚で大型で歯ごたえがしっかりあることです。 八色しいたけは「上面栽培」といわれる上面からのみしいたけを発生させ、栄養をたっぷり与…

最新記事

  1. 最近、駅などの売店で、「佐渡あごだしラーメン」というパッケージを よく見かけます。 いつ…
  2. 柿の種チャーハン
    なんと、新潟県の代表的な米菓で、 全国にその名を轟かせている柿の種が チャーハンになって…
  3. 前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、 今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。 新潟…
  4. 南蛮えび丼
    新潟では、甘エビのことを南蛮えびと呼んでいます。 赤い甘エビの姿が、南蛮(唐辛子)の姿に似てい…
  5. 南蛮えび煎餅
    『南蛮えび』とは、甘エビ(北国赤えび)のことです。新潟では、エビの色や形が、南蛮(赤い唐辛子)に…

ピックアップ記事

  1. 新潟笹団子
    こどものころのおやつといえばおにぎりか笹団子でした。…
  2. 村上の塩引鮭風景
    城下町の村上の特産品です。 …
  3. ルレクチェ

    2014/12/26

    ル・レクチェ
    多分、世界で一番おいしい洋ナシです。 他県には教えたくないフルーツです。…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る