過去の記事一覧

  • 明治まんじゅう

    明治まんじゅう

    明治饅頭とは、柏崎の銘菓で明治時代に柏崎で作り上げられました。そのため、明治饅頭と呼ばれてます。あっさりとしたシロインゲンの白餡の甘さに品の薄皮がマッチした饅頭です。柏崎の人たちが御土産によく買い求めています。「美野屋」…
  • 綾子舞(あやこまい)

    柏崎市の綾子舞本舗タカハシが創業以来50年以上作り続けている銘菓で。柏崎のお土産となっています。 くるみ入りの黒餡の焼き菓子になっています。 柏崎市の女谷に伝わる国指定重要無形民俗文化財綾子舞という踊りの名前…
  • 米百俵(こめひゃっぴょう)

    銘菓米百俵は長岡市の 株式会社米百俵本舗 製造の和菓子の銘菓です。 地元のコメを手焼きせんべいにして粉にして型に入れて、砂糖、水あめで固めた打ち菓子で、干菓子(ひがし)というお菓子の一種になり、…
  • 水花火

    水花火

    水花火とは長岡市の一大イベントの花火大会にちなんで作られた和菓子の栗ようかんのことです。水花火は水中花火のことを指します。 長岡の花火大会は今や全国的に有名ですが、長岡で200年の歴史を誇る老舗の和菓子舗、紅屋重正によ…
  • 柿の種

    柿の種

    柿の種は今や国民的なお菓子・おつまみとなっていますがもともとは新潟生まれの米菓です。それもが長岡市の浪花屋製菓の小判型の米菓を製作しようとして失敗の結果生まれた商品といいます。 浪花屋さんのHPにはこうあります。 現…
  • 鯛の子

    鯛の子印魚卵塩辛

    |まぼろしの鯛の子塩辛 柏崎の特産品で、全国的にも珍しい鱈の子の塩辛です。これが少しややこしいことになっています。 鱈の子なのに鯛の子印と付いています。もともとは昔は商品名は鯛の子塩辛でした。かなり塩辛いのでご飯の上…
  • 越後ぜんまい

    越後ぜんまい

    新潟県は山も多く、県内の各地でゼンマイが取れます。春先に取れたゼンマイを天日干しにして年間食します。特に冬の保存食としても重宝していました。魚沼地方ではミガキニシンと一緒に煮たぜんまいの煮物はお正月料理でもありました。ま…

最新記事

  1. 最近、駅などの売店で、「佐渡あごだしラーメン」というパッケージを よく見かけます。 いつ…
  2. 柿の種チャーハン
    なんと、新潟県の代表的な米菓で、 全国にその名を轟かせている柿の種が チャーハンになって…
  3. 前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、 今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。 新潟…
  4. 南蛮えび丼
    新潟では、甘エビのことを南蛮えびと呼んでいます。 赤い甘エビの姿が、南蛮(唐辛子)の姿に似てい…
  5. 南蛮えび煎餅
    『南蛮えび』とは、甘エビ(北国赤えび)のことです。新潟では、エビの色や形が、南蛮(赤い唐辛子)に…

ピックアップ記事

  1. 新潟笹団子
    こどものころのおやつといえばおにぎりか笹団子でした。…
  2. 村上の塩引鮭風景
    城下町の村上の特産品です。 …
  3. ルレクチェ

    2014/12/26

    ル・レクチェ
    多分、世界で一番おいしい洋ナシです。 他県には教えたくないフルーツです。…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る