過去の記事一覧

  • つづのめ

    つづのめ

    |ツヅノメは新潟へ行ったら食べてみる 新潟の寿司屋さんでは良く品書きに見かけるのこの「ツヅノメ」です。 セイカイと同じく東京などではあまり聞かないお魚です。 じつは正式には「きつねめばる」のことを言います。 キツ…
  • せいかい(うすめばる)

    せいかい(うすめばる)

    |セイカイはウスメバル(薄眼張) セイカイはカサゴ目フサカサゴ科メバル属の魚で30cm位になり、新潟では良く見かける魚です。セイカイという余り耳慣れない名前ですが新潟ではウスメバルをセイカイと呼んでいます。ウスメバルは…
  • あさつき

    あさつき

    |あさつき(浅葱) あさつきは野草であり、新潟の山野でよく自生しています。 新潟の長い冬が明けると畑仕事の片手間に野山に採取したものでした。 最近は栽培物が多く出ていて写真も砂地で育てたあさつきです。 …
  • しその実漬け

    しその実漬け

    |紫蘇の実漬け 新潟のさりげないご飯のお伴です。 美味しい新潟のご飯だからのおかずでしょう。 おにぎりに入れたりお茶づけにしたり伝統的な保存食です。 夏から秋にかけ、一番上の花がついている頃に実をつか…
  • かたもち

    かたもち(堅餅・固餅・型餅)

    |かたもち かたもち(堅餅・固餅・型餅)は東北、長野などの北国で食される伝統的な餅菓子です。付いた餅をうすく短冊状に切って乾燥させ、それを焼いて食べます。餅の中には大豆やごまを入れたりもします。焼くときには塩味や甘みを…
  • 打ち豆

    打ち豆

    |打ち豆(うちまめ) 打豆とは蒸した大豆を石臼の上で木槌などで叩いてつぶして乾燥させたもので、古くから新潟の伝統的な大豆の保存食とされてきました。いわば乾燥野菜です。北陸や東北などの雪国でよくみられる冬の間の大切な栄養…
  • 車麩

    新潟・車麩(くるまふ)

    車麩はドーナツ型の焼き麩で丸くて真ん中に穴があいている新潟や北陸地方、そして沖縄で食されています。 麩(ふ)は、グルテンを主原料とした加工食品で、グルテンは、水で練った小麦粉に含まれるタンパク質のひとつです。消化吸…
  • トウナ

    とう菜

    *とう菜(トウナ)とは正式にはとう(薹)菜と書きますが、冬菜・唐菜とも書いたりします。薹とはふきやアブラナ等の花をつける植物の茎のことをいい、冬から早春に立ってきたとう(茎)の部分を主にたべるので新潟では総称でとう菜と言…

最新記事

  1. 越後の豚まん
    関越道の下りの越後川口SAで販売されている越後の豚マンが ジャンボで非常に美味しい!! …
  2. 柳がれい寿司
    ずっと気になっていた新潟駅の駅弁です。 新潟の特産品で新潟ブランドにも指定…
  3. 最近、駅などの売店で、「佐渡あごだしラーメン」というパッケージを よく見かけます。 いつ…
  4. 柿の種チャーハン
    なんと、新潟県の代表的な米菓で、 全国にその名を轟かせている柿の種が チャーハンになって…
  5. 前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、 今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。 新潟…

ピックアップ記事

  1. 新潟笹団子
    こどものころのおやつといえばおにぎりか笹団子でした。…
  2. 村上の塩引鮭風景
    城下町の村上の特産品です。 …
  3. ルレクチェ

    2014/12/26

    ル・レクチェ
    多分、世界で一番おいしい洋ナシです。 他県には教えたくないフルーツです。…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る