過去の記事一覧

  • 藤五郎梅(とうごろううめ)

    藤五郎梅は新潟市亀田地区で栽培されている新潟特産梅です。 江戸時代の終わり頃、旧亀田町荻曽根の青果問屋、宇野藤五郎が観賞用に植えていた梅 の実を市に出したところ、「果汁が多く、肉厚で大玉だ」と好評を博し、藤五郎梅と命名…
  • 五千石ネギ

    五千石ネギは新潟のブランドネギです。 明治の44年の信濃川氾濫で被害を受けた現在の燕市の五千石の荒地に導入されました。千住ネギの仲間の根深ネギ(一本ネギ、しろねぎ)です。改良を重ねられ、優良種を確立しました。雪国の気候…
  • 関屋かぼちゃ

    関屋かぼちゃ

    関屋かぼちゃは新潟市関屋で一時期盛んに栽培されていた日本かぼちゃで現在は少数の農家でしか栽培されていない幻のかぼちゃです。 関屋、青山、小針は以前は砂丘で畑もたくさんありこのカボチャの栽培が盛んでした。しかし、今はほと…
  • えんぴつなす

    鉛筆ナス

    |エンピツ茄子 鉛筆茄子(エンピツナス)は実の先が鋭く鉛筆のようにとがっているのこう呼ばれています。 昭和10年代、味の良い宮崎の佐土原ナスが、新潟県白根市(現新潟市)に入って土着したものと考えられます。 新潟県で…
  • 新潟シロナス

    越後白なす

    越後の白ナスは新潟市の西蒲区の岩室から弥彦村にかけて昭和初期から代々うけつがれてきた伝統野菜のブランドです。果形は長卵形で、色が真っ白で全国的にも珍しくまるで白いドレスをまとった貴婦人と言われています。表皮が白いために、…
  • 焼なす

    焼き茄子(焼茄子)

    焼きなすは新潟市北区(旧豊栄市木崎)で品種選抜されている門外不出のブランド品種です。今も一部農家7名だけが生産するブランド品種です。その名の通り焼ナス用として開発された形は、一般的な長ナスに似ていますが、その3~4倍…
  • 砂丘すいか

    砂丘すいか(赤塚すいか)

    新潟はスイカの全国でも第5位の生産量でスイカが特産ですが、1世帯当たりの消費量では、新潟県が全国1位となっていてスイカ大好き県です。夏の 新潟スイカは大きく分けて産地が2か所あります。山沿いの魚沼地区の八色西瓜(やいろ…
  • 南蛮エビ

    南蛮エビ(ナンバンエビ)

    ナンバンエビは所謂、甘海老のことを指しますが、新潟では南蛮唐辛子に似ていることからこう呼ばれています。正式名はホッコクアカエビで北陸から北海道の日本海側で取れます。特に新潟の南蛮エビは赤い色が鮮明で目立ちます。またその甘…
  • ルレクチェ

    ル・レクチェ

    |新潟特産の超美味洋ナシ・ルレクチェ ル・レクチェは言わば新潟県人が密かに食べていた美味しすぎる幻の洋ナシです。 1903年にフランスより導入され、栽培が難しいためにあまり全国では普及しませんでしたが、新潟市の白根の…
  • 新潟ヤナギムシカレイ

    ヤナギガレイ(やなぎむしかれい)

    |新潟の食ブランド・柳カレイ ヤナギガレイとはヤナギムシカレイのことで北海道南部より下の沿岸各地で漁獲されるカレイの一種の一種です。金沢や能登、島根などではではササガレイ、三陸や福島ではヤナギカレイと呼ばれていますが、…

最新記事

  1. 最近、駅などの売店で、「佐渡あごだしラーメン」というパッケージを よく見かけます。 いつ…
  2. 柿の種チャーハン
    なんと、新潟県の代表的な米菓で、 全国にその名を轟かせている柿の種が チャーハンになって…
  3. 前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、 今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。 新潟…
  4. 南蛮えび丼
    新潟では、甘エビのことを南蛮えびと呼んでいます。 赤い甘エビの姿が、南蛮(唐辛子)の姿に似てい…
  5. 南蛮えび煎餅
    『南蛮えび』とは、甘エビ(北国赤えび)のことです。新潟では、エビの色や形が、南蛮(赤い唐辛子)に…

ピックアップ記事

  1. 新潟笹団子
    こどものころのおやつといえばおにぎりか笹団子でした。…
  2. 村上の塩引鮭風景
    城下町の村上の特産品です。 …
  3. ルレクチェ

    2014/12/26

    ル・レクチェ
    多分、世界で一番おいしい洋ナシです。 他県には教えたくないフルーツです。…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る