過去の記事一覧

  • 新道柿 (しんどうがき)

    新道柿 (しんどうがき)は柏崎市の新道地区で栽培されるおけさ柿で柏崎野菜に指定されています。 昭和26年に柿の木が植樹され昭和33年に新道柿栽培組合が設立されています。刀根早生、平核無(どちらも種なし)の品種がやく…
  • 柏崎の宝交早生 (ほうこうわせ)

    宝交早生 (ほうこうわせ)は地元で楽しまれている朝どり路地イチゴで柏崎野菜に指定されています。主に下大新田地区を中心に栽培されています。 1962年に宝塚で交配して生まれたためにこの名前がつきました。一時はこの品種がイ…
  • よいたな(与板菜)

    与板菜(よいたな)は柏崎市の与板地区で栽培されている野沢菜です。 与板地区の漆山(うるしやま)と麻畑(おばたけ)では本場の 野沢菜に負けない上質な野沢菜が出来るそうです。そのために柏崎では与板菜(よいたな)と呼べれてい…
  • まこもたけ(マコモタケ)

    マコモタケは柏崎市の柏崎野菜に指定されている 柏崎市矢田地区の地場特産野菜です。マコモタケとはマコモというイネ科の多年草の根元の肥大化した部分をさします。 マコモは東アジアや東南アジアに広く分布する植物で日本でも河…
  • つららなす

    つららなすは柏崎市北条地区で栽培されている緑の長ナスでブランド野菜です。柏崎野菜にも指定されています。「北条つららなすの会」でつららなすで商標登録を行い普及に努めています。 品種的にはタイ原産の「万寿満(ますみ)」とい…
  • かきのもと

    かきのもと・おもいのほか

    かきのもと・おもいのほかは新潟の赤紫色の食用菊のことです。 かきのもとは新潟市中心の下越地区の呼び名でが、一般的には延命楽を指します。名前の由来は「生け垣の根本に植えたから」、「柿の木の根本に植えたから」「柿の実が色づ…
  • 高田シロウリ

    高田しろうりは上杉謙信も食べたと言われている上越市 高土町、 東本町 地区(旧高田市)の伝統野菜です。上越野菜にもしていされています。果実は薄い緑白色で、こん棒状の形をして長さが30cmくらいになります。 昭和40年こ…
  • 頸城オクラ(くびきおくら)

    頚城オクラは上越市 頸城区 (く び き)の地域野菜で、上越野菜に認定されています。 オクラは明治初期に日本に導入されたアフリカ原産の野菜ですが、1969年に頚城区の吉田祐治氏が輸入種から選抜して新品種を作りました。「…
  • 村上赤かぶ漬け

    赤かぶ漬け

    赤かぶ(紅かぶともいう)は県境の村上市 山北(さんぽく)地区の伝統野菜で、山北の赤かぶで昔から有名でした。焼畑という原始的な珍しい農法で栽培されます。 赤かぶは山形温海の赤かぶ、岐阜高山の赤かぶが有名ですが、新潟の北の…
  • 上越 曲がりネギ

    曲がりねぎ(上越野菜)

    曲がりネギは上越地域野菜 まっすぐに生やした根深ネギを途中で植えかえて斜めに寝せると茎が曲がって育ちます。そのために曲がりネギと言います。ネギにストレスがかかるために糖度が増して美味しく育ちます。手間ひながかかるために…

最新記事

  1. 最近、駅などの売店で、「佐渡あごだしラーメン」というパッケージを よく見かけます。 いつ…
  2. 柿の種チャーハン
    なんと、新潟県の代表的な米菓で、 全国にその名を轟かせている柿の種が チャーハンになって…
  3. 前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、 今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。 新潟…
  4. 南蛮えび丼
    新潟では、甘エビのことを南蛮えびと呼んでいます。 赤い甘エビの姿が、南蛮(唐辛子)の姿に似てい…
  5. 南蛮えび煎餅
    『南蛮えび』とは、甘エビ(北国赤えび)のことです。新潟では、エビの色や形が、南蛮(赤い唐辛子)に…

ピックアップ記事

  1. 新潟笹団子
    こどものころのおやつといえばおにぎりか笹団子でした。…
  2. 村上の塩引鮭風景
    城下町の村上の特産品です。 …
  3. ルレクチェ

    2014/12/26

    ル・レクチェ
    多分、世界で一番おいしい洋ナシです。 他県には教えたくないフルーツです。…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る