過去の記事一覧

  • 刈羽節成きゅうり(かりわふしなりきゅうり)

    刈羽節成きゅうりは柏崎市西中通橋場地 区で栽培されていた伝統野菜で、柏崎野菜に認定されています。明治から戦前にかけて種をアメリカや中国にも輸出されていました。昭和40(1965)年代までは柏崎できゅうりというと「刈羽節成…
  • ユウガオ

    ゆうごう(ゆうがお)

    ゆうごうは夕顔がなまった言い方で長岡野菜・柏崎野菜に指定されています。夕顔は通常は細く切って干して干ぴょうの原料となりますが、中越や上越では野菜として若い実で食しています。 大きいものでは80cm位にもあり、7月上旬~…
  • ずいき

    ずいき

    ずいき(ズイキ)はさといもの一種のやつがしらの茎で、130cm位になり食用にします。 ずいきと言うと肥後ずいきを思い出される方もいるかと思いますが、これは昔から伝わる熊本の性具です。ハスイモの茎を乾燥させたもの食用にも…
  • 緑茄子

    柏崎緑なす

    柏崎緑なすは柏崎市南鯖石地区で昔から栽培されてきた伝統野菜で薄緑色の茄子です。柏崎野菜にも指定されて市を挙げて増産に励んでいます。 南鯖石は柏崎の市内を流れる鯖石川の上流に位置して山間の豪雪地帯です。現地では白なすと昔…
  • 柏崎野菜

    柏崎野菜とは柏崎市で定めたこの地域で昔から栽培されて食されていた伝統野菜で、6品目が指定されています。地産地消、地域振興として栽培と販売の推進の取組を行っています。 「柏崎伝統野菜」とともに 地域で生産されている量が多く…

最新記事

  1. 最近、駅などの売店で、「佐渡あごだしラーメン」というパッケージを よく見かけます。 いつ…
  2. 柿の種チャーハン
    なんと、新潟県の代表的な米菓で、 全国にその名を轟かせている柿の種が チャーハンになって…
  3. 前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、 今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。 新潟…
  4. 南蛮えび丼
    新潟では、甘エビのことを南蛮えびと呼んでいます。 赤い甘エビの姿が、南蛮(唐辛子)の姿に似てい…
  5. 南蛮えび煎餅
    『南蛮えび』とは、甘エビ(北国赤えび)のことです。新潟では、エビの色や形が、南蛮(赤い唐辛子)に…

ピックアップ記事

  1. 新潟笹団子
    こどものころのおやつといえばおにぎりか笹団子でした。…
  2. 村上の塩引鮭風景
    城下町の村上の特産品です。 …
  3. ルレクチェ

    2014/12/26

    ル・レクチェ
    多分、世界で一番おいしい洋ナシです。 他県には教えたくないフルーツです。…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る