過去の記事一覧

  • 翁飴

    翁飴(おきなあめ)

    米飴である粟飴に寒天を加えて、低温で長時間乾燥させて四角くやわらかく固めた飴で、メイドイン上越に指定されています。江戸時代に考案されて参勤交代や旅人のお土産として珍重されました。名前は能の翁に由来しています。飴の割には歯…
  • 粟飴

    粟飴(あわあめ)

    粟飴とは上越市高田に江戸時代より製造されている高田飴の一つで透明な米飴の水あめです。メイドイン上越に指定されています。原料は蒸したもち米に麦芽を加えて作られますが、もち米を使う前は粟を使っていたために粟飴として伝…
  • 笹飴

    笹飴

    笹飴は文政年間に売り出された粟飴(米飴)を練りあげ熊笹に挟んで天日干ししたものですが、薄く白っぽく固まっています。高田飴の一つです。夏目漱石の『坊ちゃん』にも登場する越後の代表的な銘菓です。笹は殺菌効果があり、日…
  • ポッポ焼き

    ぽっぽ焼き

    |ポッポ焼きは新潟のお祭り屋台の定番品 新潟ではお祭りなどのイベントでは必ずでるのがポッポ焼きの屋台です。 新潟県民はこの屋台に並んで食べるのが夏祭りの楽しみの一つです。 ぽっぽ焼きはパンのようなカステラの…
  • かたもち

    かたもち(堅餅・固餅・型餅)

    |かたもち かたもち(堅餅・固餅・型餅)は東北、長野などの北国で食される伝統的な餅菓子です。付いた餅をうすく短冊状に切って乾燥させ、それを焼いて食べます。餅の中には大豆やごまを入れたりもします。焼くときには塩味や甘みを…
  • おこわだんご

    おこわだんご

    おこわだんごとは新潟の郷土食の醤油おこわの中にあん入りの団子が入っている何とも奇妙な団子です。少しややっこしいのですが別に紹介しているだんごおこわとも微妙に違います。 主に西蒲原で農家のおやつとして食べらていました。新…
  • 新潟ゆべし

    新潟ゆべし

    ゆべし(柚餅子)といわれるものは日本全国にあり、名前は同じでも全く違う製造法になっていて形態も味も千差万別ですので、自分のイメージでゆべしを買うとあれ!ということも良くあります。 新潟でもゆべしは大きくいって2通りあり…
  • 笹団子

    ささだんご(笹団子)

    |ささ団子 笹団子は新潟を代表する特産品でお団子お菓子です。形はスゲもしくはイグサの紐で両端を搾り中央で結んでコメ俵を模していかにも新潟らしい食材です。皮はもち米とうるち米の粉で作りますが、ヨモギを入れて笹で包んでいま…
  • 明治まんじゅう

    明治まんじゅう

    明治饅頭とは、柏崎の銘菓で明治時代に柏崎で作り上げられました。そのため、明治饅頭と呼ばれてます。あっさりとしたシロインゲンの白餡の甘さに品の薄皮がマッチした饅頭です。柏崎の人たちが御土産によく買い求めています。「美野屋」…
  • 綾子舞(あやこまい)

    柏崎市の綾子舞本舗タカハシが創業以来50年以上作り続けている銘菓で。柏崎のお土産となっています。 くるみ入りの黒餡の焼き菓子になっています。 柏崎市の女谷に伝わる国指定重要無形民俗文化財綾子舞という踊りの名前…

最新記事

  1. 最近、駅などの売店で、「佐渡あごだしラーメン」というパッケージを よく見かけます。 いつ…
  2. 柿の種チャーハン
    なんと、新潟県の代表的な米菓で、 全国にその名を轟かせている柿の種が チャーハンになって…
  3. 前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、 今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。 新潟…
  4. 南蛮えび丼
    新潟では、甘エビのことを南蛮えびと呼んでいます。 赤い甘エビの姿が、南蛮(唐辛子)の姿に似てい…
  5. 南蛮えび煎餅
    『南蛮えび』とは、甘エビ(北国赤えび)のことです。新潟では、エビの色や形が、南蛮(赤い唐辛子)に…

ピックアップ記事

  1. 新潟笹団子
    こどものころのおやつといえばおにぎりか笹団子でした。…
  2. 村上の塩引鮭風景
    城下町の村上の特産品です。 …
  3. ルレクチェ

    2014/12/26

    ル・レクチェ
    多分、世界で一番おいしい洋ナシです。 他県には教えたくないフルーツです。…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る