過去の記事一覧

  • 新興梨

    新興梨

    |新潟で生まれた新興梨 新興梨は1941年に新潟県農事試験場園芸部で「二十世紀」の種子から育成され命名された新潟生まれの梨です。父親は江戸時代から新潟にある天の川と言われています。新潟県でのなし栽培は歴史が古く、約30…
  • 新潟 水なす

    |新潟の水ナス 水ナスは泉州の水なすがブランドになっていて効果ですが、 新潟の水茄子は主に漬物で食されます。 新潟県民が愛してやまない一夜漬けで食べます。 形も小ぶりで値段も安価です。 一般的に…
  • 白根白桃

    |新潟市白根原産の桃 白根白桃(しろねはくとう)は新潟市南区白根で古くから栽培されてきた桃の品種です。 現在では山形、山梨でも栽培が盛んです。 白根は信濃川とその支流の中の口川に挟まれて、土壌も豊かで水資源…
  • 帛乙女(きぬおとめ)

    帛乙女(きぬおとめ)

    |五泉市のブランドさといも:帛乙女(きぬおとめ) 阿賀野川の流域の豊かな水と肥沃な土地で栽培される五泉市の里芋です。 五泉3美人のグランド野菜にも指定されています。 品種は大和早生(やまとわせ)という丸芋系…
  • きぬ乙女

    五泉3美人

    |阿賀野川の河川の肥沃の地の3大ブランド野菜 阿賀野川の流域に位置する五泉は土壌が肥えていて地下水も豊富です。 この五泉に育つ五泉美人(れんこん)、帛乙女(さといも)、やわ肌ねぎは、 白さとみずみずしさ、味…
  • 五泉美人

    五泉美人

    |五泉美人・ブランド蓮根 阿賀野川流域の五泉市は土壌が肥沃なうえに地下水が豊かです。 その地下水を利用して新潟美人のような色白でみずみずしく 柔らかいのにサクサクとした食感の蓮根が作られています。 他…
  • あさつき

    あさつき

    |あさつき(浅葱) あさつきは野草であり、新潟の山野でよく自生しています。 新潟の長い冬が明けると畑仕事の片手間に野山に採取したものでした。 最近は栽培物が多く出ていて写真も砂地で育てたあさつきです。 …
  • しその実漬け

    しその実漬け

    |紫蘇の実漬け 新潟のさりげないご飯のお伴です。 美味しい新潟のご飯だからのおかずでしょう。 おにぎりに入れたりお茶づけにしたり伝統的な保存食です。 夏から秋にかけ、一番上の花がついている頃に実をつか…
  • かぐら南蛮味噌赤

    神楽南蛮味噌

    |かぐらなんばん味噌 新潟特産の神楽南蛮を使った味味噌で新潟のご飯の御供の定番です。 かぐら南蛮味噌は主に中越地区で食されていました。 かぐら南蛮味噌は、かぐら南蛮を細かく刻んで、味噌と酒、みりんと一緒に練…
  • 打ち豆

    打ち豆

    |打ち豆(うちまめ) 打豆とは蒸した大豆を石臼の上で木槌などで叩いてつぶして乾燥させたもので、古くから新潟の伝統的な大豆の保存食とされてきました。いわば乾燥野菜です。北陸や東北などの雪国でよくみられる冬の間の大切な栄養…

最新記事

  1. 越後の豚まん
    関越道の下りの越後川口SAで販売されている越後の豚マンが ジャンボで非常に美味しい!! …
  2. 柳がれい寿司
    ずっと気になっていた新潟駅の駅弁です。 新潟の特産品で新潟ブランドにも指定…
  3. 最近、駅などの売店で、「佐渡あごだしラーメン」というパッケージを よく見かけます。 いつ…
  4. 柿の種チャーハン
    なんと、新潟県の代表的な米菓で、 全国にその名を轟かせている柿の種が チャーハンになって…
  5. 前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、 今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。 新潟…

ピックアップ記事

  1. 新潟笹団子
    こどものころのおやつといえばおにぎりか笹団子でした。…
  2. 村上の塩引鮭風景
    城下町の村上の特産品です。 …
  3. ルレクチェ

    2014/12/26

    ル・レクチェ
    多分、世界で一番おいしい洋ナシです。 他県には教えたくないフルーツです。…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る