過去の記事一覧

  • 越後娘

    越後娘

    越後娘は新潟の枝豆で晩生種です。9月下旬から10月上旬の収穫となります。一人娘より一週間ほど早い収穫です。枝豆好きの新潟県人が夏が過ぎても楽しむ品種です。 ゆであがりは濃緑色となり青豆系です。甘味・香り共に優れ、お…
  • 刈羽節成きゅうり(かりわふしなりきゅうり)

    刈羽節成きゅうりは柏崎市西中通橋場地 区で栽培されていた伝統野菜で、柏崎野菜に認定されています。明治から戦前にかけて種をアメリカや中国にも輸出されていました。昭和40(1965)年代までは柏崎できゅうりというと「刈羽節成…
  • 八色シイタケ

    八色しいたけ(やいろしいたけ)

    八色しいたけは南魚沼市旧大和町(八色地区) で栽培されているブランド野菜です。 特徴は肉厚で大型で歯ごたえがしっかりあることです。 八色しいたけは「上面栽培」といわれる上面からのみしいたけを発生させ、栄養をたっぷり与…
  • 八幡いも( や は た いも)

    八幡芋は佐渡の八幡地区の古くから栽培されている里芋です。 江戸時代には代官所に納められ、島外門外不出とも言われていた希少な品種です。山梨県八幡地区の八幡芋は有名ですが、それとは別品種になり、形も味も異なります。山梨県の…
  • 体菜(たいな)

    体菜(たい菜)はタイサイと一般的には呼ばれていますが、新潟ではタイナと呼んでいます。新潟県全域で作られていますが、長岡市は特に長岡野菜の一つとして認定しています。 明治初期に中国から導入した長梗白菜を体…
  • 仁野分しょうが(にのぶしょうが)

    仁野分しょうがは上越市 頸城区仁野 分 (くびきく・にのぶ)で栽培される伝統野菜で上越野菜に認定されています。 1683年に百姓の三郎右衛 門が近江産のしょうがを持ち帰ったこ とがきっかけで、その後三河産のもの に切り…
  • 五千石ネギ

    五千石ネギは新潟のブランドネギです。 明治の44年の信濃川氾濫で被害を受けた現在の燕市の五千石の荒地に導入されました。千住ネギの仲間の根深ネギ(一本ネギ、しろねぎ)です。改良を重ねられ、優良種を確立しました。雪国の気候…
  • 久保なす

    久保ナスは新発田市の久保で昭和初期から栽培されている伝統地域野菜です。宮 崎 県 の 「 佐 土 原 な す 」 の 系 統 と 推 定 さ れ、白根の「鉛筆ナス」とは兄弟です。 もともと色が薄く、へたと実の境目が白く…
  • 三仏生トマト(サンブツショウ)

    三仏生トマト(さんぶしょうトマト)は魚沼の小千谷市三仏生地区の昭和初期から栽培されている個定種のトマトです。今はめったに食べられない幻のトマトです。消滅種と思われていましたが、一部の幾つかの農家でひっそりと栽培されていま…
  • 丸ナス

    一日市なす(ひといちなす)

    一日市ナス(ひといちなす)は新潟市の一日市(ひといち)地区で栽培されている今では珍しい在来種丸なすです。新潟市の朝市などで見かけます。外皮は赤紫色です。 この丸なすは実が硬めなので焼いたり煮たり蒸かして食します。 ま…

最新記事

  1. 越後の豚まん
    関越道の下りの越後川口SAで販売されている越後の豚マンが ジャンボで非常に美味しい!! …
  2. 柳がれい寿司
    ずっと気になっていた新潟駅の駅弁です。 新潟の特産品で新潟ブランドにも指定…
  3. 最近、駅などの売店で、「佐渡あごだしラーメン」というパッケージを よく見かけます。 いつ…
  4. 柿の種チャーハン
    なんと、新潟県の代表的な米菓で、 全国にその名を轟かせている柿の種が チャーハンになって…
  5. 前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、 今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。 新潟…

ピックアップ記事

  1. 新潟笹団子
    こどものころのおやつといえばおにぎりか笹団子でした。…
  2. 村上の塩引鮭風景
    城下町の村上の特産品です。 …
  3. ルレクチェ

    2014/12/26

    ル・レクチェ
    多分、世界で一番おいしい洋ナシです。 他県には教えたくないフルーツです。…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る