新潟の春はとう菜

地区:

概要: 新潟の春を告げる野菜

とう菜

スポンサードリンク

新潟は雪解けととう菜が一緒にやってきます。

まさに春はとう菜と一緒にやってくるのです。

新潟駅でとう菜の菜花を見つけたのでかってきました。

とう菜はアブラナ科の野菜です。

やがて菜の花をつけます。

菜の花が開く前に食べるとこれがまた美味しいのです。

 

新潟のとう菜は多分日本でも春の野菜のNO.1でしょう。

東京で買う菜花とは香りがまるで違います。

茎から漂う春の香りと甘みが他の野菜では味わえません。

またそのぬめりも独特です。

お薦めはお浸しと粕煮ですが

今回はお浸しにしてオリーブオイルとゆかりで味付けしました。

新潟とう菜

 

 

スポンサードリンク

関連記事

最新記事

  1. 最近、駅などの売店で、「佐渡あごだしラーメン」というパッケージを よく見かけます。 いつ…
  2. 柿の種チャーハン
    なんと、新潟県の代表的な米菓で、 全国にその名を轟かせている柿の種が チャーハンになって…
  3. 前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、 今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。 新潟…
  4. 南蛮えび丼
    新潟では、甘エビのことを南蛮えびと呼んでいます。 赤い甘エビの姿が、南蛮(唐辛子)の姿に似てい…
  5. 南蛮えび煎餅
    『南蛮えび』とは、甘エビ(北国赤えび)のことです。新潟では、エビの色や形が、南蛮(赤い唐辛子)に…

ピックアップ記事

  1. 新潟山菜
    新潟駅のローカル線の駅内の特設売店で山菜を買ってきました。 毎日開設されていて特に新潟の特産品…
  2. 「からいすけ」とは新潟弁で「辛いからね」「辛いんだ」という意味です。 かぐら南蛮味噌の商品ブラ…
  3. とう菜
    新潟は雪解けととう菜が一緒にやってきます。 まさに春はとう菜と一緒にやってくるのです。 …

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る