ずっと気になっていた 柳がれい寿司!

地区:

概要: 新潟特産の柳カレイの駅弁

柳がれい寿司

スポンサードリンク

 

ずっと気になっていた新潟駅の駅弁です。

新潟の特産品で新潟ブランドにも指定されておる、カレイのお弁当です。

しかし、いつも新幹線に乗る夕方には売り切れてしまい、

何度か買いそこなってきました。

そこで今回は、新潟に到着するや否やまっすぐ駅弁販売店に向かい、

1、250円と少しお高いのですが、早々に購入しました。

そのままカバンにいれて、帰りの新幹線で食べる作戦です。

早く買っても冬だから大丈夫でしょう。

 

ヤナギガレイは正式には、ヤナギムシカレイという砂泥地に棲むカレイになります。

新潟の海は、阿賀野川、信濃川の大河が流れ込み、海底は砂泥地が広がっていて、

カレイやキスなどの白身魚の絶好の住処になっています。

特に、村上沖は絶好の漁場になっています。

この弁当は村上の漁港の岩船であがった柳かれいを使っています。

 

柳がれい寿司

柳がれい寿司

 

帰りの新幹線、ビールと日本酒を買い込んで柳がれいで一人宴会です。

小型の柳ガレイが素揚げされて、4匹のっています。

肉質が柔らかで、脂がのっているのに上品で非常に美味しくいただきました。

しかし、柳ガレイ寿司という商品名なのに、

ご飯が酢飯ではなく、普通のご飯でした。

お寿司を期待していた舌先は、すこしがっかりでした。

これでは

柳がれい弁当

と書くべきではないかと思いました。

 

スポンサードリンク

関連記事

最新記事

  1. 越後の豚まん
    関越道の下りの越後川口SAで販売されている越後の豚マンが ジャンボで非常に美味しい!! …
  2. 柳がれい寿司
    ずっと気になっていた新潟駅の駅弁です。 新潟の特産品で新潟ブランドにも指定…
  3. 最近、駅などの売店で、「佐渡あごだしラーメン」というパッケージを よく見かけます。 いつ…
  4. 柿の種チャーハン
    なんと、新潟県の代表的な米菓で、 全国にその名を轟かせている柿の種が チャーハンになって…
  5. 前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、 今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。 新潟…

ピックアップ記事

  1. とう菜
    新潟は雪解けととう菜が一緒にやってきます。 まさに春はとう菜と一緒にやってくるのです。 …
  2. 新潟山菜
    新潟駅のローカル線の駅内の特設売店で山菜を買ってきました。 毎日開設されていて特に新潟の特産品…
  3. 「からいすけ」とは新潟弁で「辛いからね」「辛いんだ」という意味です。 かぐら南蛮味噌の商品ブラ…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る