安田牛乳ラングドシャ

地区:

概要:

スポンサードリンク

安田牛乳ラングドシャを高速のパーキングエリアで購入しました。

のむヨーグルトで有名なヤスダヨーグルトの商品かと思い購入したのですが、

まるで勘違いというかやられました。

本品は浅草屋フーズが企画したものでありヤスダヨーグルト様とは一切関係ございません。

とHPにありました。

つまり、旧安田(現阿賀野市)で生産される牛乳を使った浅草屋フーズ(長岡市)が生産販売する

商標登録済みの「安田牛乳ラングドシャ」という名前のお菓子なのです。

法的には全くおかしくなく嘘も言っていないですが、誤解する人は多いはず。

 

12枚入りで1、131円です。

商品はホワイトチョコレートを挟んだクッキーで、北海道土産の定番「白い恋人」をまねているような感じです。

白恋よりは値段が高い感じです。

味もよく似ていますが、悪くはなかったです。

最近あちらこちらで見かける商品ですがちょっと複雑な気持ちです。

ヤスダヨーグルトの商品が欲しかったので。

まあ新潟ではこれといったお土産お菓子がないので良しとします。

IMG_1218

 

 

*“ラング・ド・シャ”とは、フランス語で「猫の舌」の意味だそうで、

表面が薄焼でざらざらしている楕円型クッキーの名称のようです。

日本は四角い形でもこう呼ばれています。

白い恋人もラング・ド・シャになります。

日本各地にラングドシャのお土産はあります。

IMG_1220

 

スポンサードリンク

関連記事

最新記事

  1. 最近、駅などの売店で、「佐渡あごだしラーメン」というパッケージを よく見かけます。 いつ…
  2. 柿の種チャーハン
    なんと、新潟県の代表的な米菓で、 全国にその名を轟かせている柿の種が チャーハンになって…
  3. 前回は 南蛮海老丼をご紹介しましたが、 今回は新潟の地魚の盛り合わせ寿司弁当です。 新潟…
  4. 南蛮えび丼
    新潟では、甘エビのことを南蛮えびと呼んでいます。 赤い甘エビの姿が、南蛮(唐辛子)の姿に似てい…
  5. 南蛮えび煎餅
    『南蛮えび』とは、甘エビ(北国赤えび)のことです。新潟では、エビの色や形が、南蛮(赤い唐辛子)に…

ピックアップ記事

  1. 「からいすけ」とは新潟弁で「辛いからね」「辛いんだ」という意味です。 かぐら南蛮味噌の商品ブラ…
  2. 新潟山菜
    新潟駅のローカル線の駅内の特設売店で山菜を買ってきました。 毎日開設されていて特に新潟の特産品…
  3. とう菜
    新潟は雪解けととう菜が一緒にやってきます。 まさに春はとう菜と一緒にやってくるのです。 …

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る